30代秋冬服メンズコーデでカッコイイを勘違いしないで≪具体例≫

30代男性の女性にモテる私服を見てみる

 

 

30代秋冬服メンズコーデでカッコイイを勘違いしないで≪具体例≫

 

30代秋冬服メンズコーデで私がダサいと感じるファッションは、トップスやパーカーに変な英語やドクロ、龍の絵が書いてある服と、裾を折り返すとチェックなどがでてくるタイプのズボンと裾にゴム絞りがついているズボンとやたらポケットが多いズボンです。服に、英語が書いてあるのはブランド名とかだと逆にお洒落だと思うのですが、検索すると結構変な意味の英文が書いてあるのにそれを堂々と着ていて、見ていてとても恥ずかしいし、一緒に歩いて欲しくないほどダサいと思います。ドクロや龍は、男性の方はきっと好きだし、カッコイイと思って着ていると思うんですが、町や電車でそのデザインの服を着ている人を見かけると「うわ、ない!」と思ってしまいます。

 

だけど30代秋冬服メンズコーデで、ドクロでもメキシカンスカルだとこだわっていてお洒落だなぁと思います。折り返すと柄が出てくるタイプのズボンは、お母さんが選んで買った物を小学生や中学生の男子がはいているイメージが強すぎるのでそれを30代の方がはいているとマザコン感も出るし、幼すぎてダサいと思います。ズボンの裾にゴム絞りがついているのも、小学生のイメージが強いし、30代にもなってそのゴムいる?って思ってしまいます。さらに、そのゴムが伸びきってしまっているのに平然とはいてる人を見ると、ゴムの意味ないし、だらしないと思ってさらにダサさが増しています。ポケットがやたら多いズボンは、男性はあまりカバンを持ち歩かないからそんな人からしたら機能性ばっちりだと思うんですが、女子から見るとポケットそんなにいる?ってダサすぎて思わず笑っちゃいます。会社の忘年会でポケットが多いズボンをはいている人を見ると必ず、女子の間で話題になって「あれはないよなぁ」って結論にいたります。30代秋冬服メンズコーデで何事にも、限度って物があると思います。

 

メンズファッション30代のモテコーデを見てみる