男性30代のファションでNGな着こなしを女子に聞いてみた結果…

男性30代のファッションでモテる為の着こなしをみる

 

 

社会人になると、普段スーツを着こなす男性っておしゃれに感じてしまいますよね。そんな「スーツイケメン」の男性30代のファションがダサかった時の衝撃って、普段の姿でハードルが上がっている分計り知れないほど大きいです。取引先の、仕事ができるイケメンと評判の男性とデートをすることになった時のこと…。普段は来社した際のスーツ姿しか見たことがなかったので、勝手に妄想を膨らませていたんです。わくわくしながら迎えた待ち合わせ場所で、肩を叩かれて振り返った私は思わず絶句してしまいました…。なんと、男性30代のファションとして驚くような格好でした。全身マトリックスのような黒ずくめファッション!今時珍しい真っ黒なサングラスから始まり、夏なのにも関わらず真っ黒な革ジャン、黒インナーに黒いスキニーズボン。靴まで真っ黒という出で立ち。さらに、30代半ばという年齢にも関わらず、ホストでもはかないようなとんがった靴です。男性30代のファションとしてはもはやOUTです。

 

頭のてっぺんからつま先までアクセサリーを含めて全て某高級ブランドで統一されているのも、季節感のよくわからないファッションなのも、一色のコーディネートなのも、何もかも男性30代のファションとしてはダサく、100年の恋が冷めるってこういうことを言うんだなぁと嫌に冷静な自分がいました。ショックすぎてその後食事で会話した内容などは、あまり覚えていません。女性がファッションを頑張っている分、30代の男性のファッションに求める条件ってそこまで高くないと思うんです。「TPOをわきまえていること」「隣に立ってお互いが恥ずかしくならないファッション」「年齢に合ったファッション」この三つの条件が揃っているなら、私のように服装で相手にがっかりすることはなくなると思うんです。無難なパンツにカットソー、ジャケットを羽織って、靴や時計などのアクセサリーだけ、ちょこっとアクセントのあるものをつけてみたり。そんな「ちょこっと」のおしゃれが、男性30代のファションを逆にとってもおしゃれ上級者っぽくしてくれて、一緒にデートしているとドキドキしてしまいます。

 

 

女子が引かないモテ服コーデをみてみる